日語學習:這樣的敬語錯誤你別犯

【錯誤的委婉說法】
敬語を使わなくてはと思うあまり、丁寧すぎる言い回しをしてしまう場合があります。「綺麗なお花でいらっしゃいますね」のように物には敬語は必要ありません。

有時候太想用敬語,結果說得過於委婉。比如「綺麗なお花でいらっしゃいますね」這種,對物就沒有必要用敬語。
また、自分の行動や行為に関する言葉にも「お」や「ご」は基本的につけません。「私は明日お休みします」のように自分自身の行為に「お」は不要です。正しくは「私は明日休みます」になります。

另外,關於自己的行動或行為的詞也基本不用加「お」或「ご」。如「私は明日お休みします」,對自己的行為加「お」就是多餘的。正確的說法應該是「私は明日休みます」。

ただし、自分の行為でも相手にかかわる「お禮」「ご連絡」「ご報告」などはつけて話します。商談の中で先方の関係者に伝言を依頼する時は「お伝えください」ですが、自分の會社の人間に伝えるときは「○○に伝えます」となり、同じ言葉でも狀況によって使い分けます。
不過,「お禮」「ご連絡」「ご報告」等雖然也是自己的行為,但因為與對方有關係,所以說的時候要加「お」或「ご」。在商談時,希望對方能予以轉告時說「お伝えください」,轉告自己公司的人時說「○○に伝えます」,同一個詞也要看語境來用。

【多餘的二重敬語】
同じように丁寧な敬語を使おうと思うあまり、間違ってしまうのが二重敬語です。相手の行動に「れる」「られる」を使った表現では、動詞に「れる」「られる」をつけるだけでいいのですが、言い換える敬語と二重敬語になりやすいので注意しましょう。
同樣,是太想用鄭重的敬語,用錯了就是二重敬語。對於用「れる」「られる」表示對方行動的,只要在動詞上加「れる」「られる」就

可以了,但是容易與換說法的敬語構成二重敬語,所以應該引起注意。
例句:×「ご覧になられましたか」→○「ご覧になりましたか」

【職務名稱】
役職名に「○○部長様」などのように「様」をつけるのも間違いです。基本的に役職名そのものが敬稱ですから、その上に「様」をつけるのは二重敬語となってしまいます。「様」をつけた表現をしたい場合は、「部長の○○様」と言いましょう。

像「○○部長様」這樣,在職務後面加「様」也是錯誤的。基本上職務名稱本身就是敬稱,再加上「様」就變成二重敬語了。如果想用「様」,就說「部長の○○様」吧。

【尊敬語與謙讓語的混淆】
せっかくの尊敬語も謙譲語と混同してしまうと、失禮な表現になってしまいます。また、謙譲語で話すべきところに尊敬語が入ってしまうのも、おかしな表現になってしまいます。「れる」「られる」をつけることで、尊敬語になっているつもりになりがちですので、気をつけましょう。

如果尊敬語中混進了謙讓語,就變成了失禮的說法。另外,本來應該用謙讓語的地方用了尊敬語,也會很奇怪。因為加上「れる」「られる」容易誤以為是尊敬語,所以要注意。
例句:×「お客様が參られました」→○「お客様がお見えに(お越しに)なりました」
——「參る」是謙讓語,所以這個說法是錯的。因為加了「られる」,所以讓人產生了敬語的錯覺,其實是錯誤用法。

【其他錯誤】
×「そちらでうかがってください」→○「そちらでお聞き(お尋ね)ください」
×「○○様でございますね」→○「○○様でいらっしゃいますね」
×「資料は拝見されましたか」→○「資料はご覧になりましたか」
×「擔當者とはお目にかかりましたか」→○「擔當者とはお會いになりましたか」
×「禦社の部長がもうされました」→○「禦社の部長がおっしゃいました」
——尊敬語不再是尊敬語了,這樣的表達對上司或長輩、公司外部的人是失禮的,所以要注意。
——「ご覧になる」本身就是尊敬語,加上「られる」就成了二重敬語。如果想加「られる」,就要用「見られる」。

【其他錯誤】
×「おっしゃられました」→○「おっしゃいました」
×「お越しになられました」→○「お越しになりました」
×「お召し上がりになられました」→○「召し上がりました」
×「お戻りになられますか」→○「お戻りになりますか」
×「お帰りになられる」→○「お帰りになる」
——以上都是容易搞錯的二重敬語,一定要注意哦。

資料來源:http://edu.qq.com/a/20100903/000092.htm

廣告

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 / 變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 / 變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 / 變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 / 變更 )

連結到 %s